その29

<29-1>菌が地球を救う(小泉武夫)
 
酒を飲むと腸内細菌に影響があるかと心配する人がいるかもしれませんが、アルコールはほとんどが腸にたどり着く前に吸収されてしまいますから、アルコールによって、腸内の菌が影響を受けるということもありませんので、安心してください。
 
<29-2>野菜畑のウラ側(松下一郎)
 
無機とはミネラル、いわゆる鉱物をさす言葉なのです。これは無機肥料として認知されているもので野菜にはとてもいい肥料の1つです。なぜなら野菜は無機物しか吸収しません。有機物は一切吸収しないのが植物です。ですから有機も無機になってからでなければ吸収されないというわけです。
 
<29-3>京都人の舌つづみ(吉岡幸雄)
 
ときに上等なものでも食べたいと思い、しかし料理屋は高いからと自宅で何とかしようと節約してみたところで、素人では、そもそも上質な素材自体が手に入らないのだ。やはり、それなりの料理屋で味わう一品は、素材の質からして違うものであることを認識しておいた方がいいと思うのである。
 
<29-4>身体が若返る10の生活習慣(中野ジェームズ修一)
 
思春期を過ぎて大人の身体が出来上がるのは20歳前後。体力がピークに達するのもこのころです。筋肉は体重比で体のおよそ40パーセントを占めていますが、そこを頂点としてだいたい年1%の割合で、体の筋肉量は減っていきます。
 
<29-5>老いない技術(林泰史)
 
過去50年間で平均寿命が30年間も延びたのは3歳以下や20~30歳といった若い年代での死亡が減ったためで老化防止による寿命の延びではないのです。
 
<29-6>プロ交渉人(諸星裕)
 
英語は話していて、意味にずれを生じさせる余地が少ない。たぶん、このあたりが、英語が国際交渉言語として際立っていることの理由ではないだろうか。