その30

<30-1>みっともないお金の使い方(川北義則)
 
イギリスの作家サマセット・モームに、次のような言葉がある。「十分な金がなければ、人生の可能性の半分は締め出されてしまう」そうなのだ。お金で買えるのは人生の半分である。
 
<30-2>もっとしっかり、日本人(永六輔)
 
東京湾沿岸だけで、なんと、日本の6人に1人が暮らしている。もうこれは「過密」以外のなにものでもありません。
 
<30-3>不味い!(小泉武夫)
 
カラスの肉の匂い、いったい何に似ているかなどと考える必要は全くなかった。口にしてすぐにその匂いの酷似物が頭に閃いたからだ。即ちそれは仏壇やお墓に供える線香である。
 
<30-4>もう、この国は捨て置け!(呉善花・石平)
 
日本の曖昧な中間色は韓国人にとって物足りないんです。これが不思議と、東南アジア、南アジアも韓国的な美意識のほうが合う。サムスンのテレビが受けるのはそこなんです。たとえば、インド人もくっきりしたカラーが好みで、カラーテレビは韓国製が売れる。日本人は淡い色を出そうとするから、現地の好みに合わせるために、日本の企業がインド向けに工夫はするのだけれども、かなり工夫しないとわかりにくい。その点、韓国企業の場合は、韓国の感覚のままで東南アジアに受け入れられる。
 
<30-5>ダライ・ラマ「語る」(相馬勝)
 
自分が過去に何をしてきたかを知りたければ、あなた自身を見なさい。将来あなたにどのようなことが起こるか知りたければ、あなたの心を見なさい。
 
<30-6>味と香りの話(栗原堅三)
 
女王フェロモンの存在が、はたらきバチをこのような苦役に駆り立てるのである。もし、十分な女王フェロモンがゆきわたらないと、なたらきバチはとたんに怠けて職場放棄してしまう。女王フェロモンの第2の役割は、新しい女王バチがあらわれないように、はたらきバチの卵巣のはたらきを抑制し、卵を産まないようにすることにある。事実、女王バチが巣からいなくなると、女王フェロモンの支配がなくなるので、はたらきバチの卵巣が発達し産卵が開始される。