その31

<31-1>キャベツにだって花が咲く(稲垣栄洋)
 
ネギの葉にも裏と表があります。じつは、筒の外側の見えている部分が葉の裏側で、筒の内側が表なのです。
 
<31-2>仕切りたがる人(佐藤眞一)
 
何のとりえもないと思っていた人が昇進して、驚いてしまうことがあります。このような人たちはいったいなぜ、能力がないのに出世するのでしょうか。1つ目は、日本が欧米と違って集団主義、減点主義の社会だということ。2つ目は、一定の評価基準がないことです。
 
<31-3>戦略人事のビジョン(八木洋介・金井壽宏)
 
かつてウエルチは、リーダーに求められるものを「E」から始まる4つの単語で表した。自らが活力に満ち溢れていること(Energy)、目標に向かう周りの人々を元気付けること(Energize)、タフな問題に対しても決断が出来ること(Edge)、言ったことをとことんまで実行していくこと(Execute)。この「4つのE」がウエルチのリーダーシップ持論であり、彼自身がその体現者だったと多くの人が証言している。
 
<31-4>水の道具誌(山口昌伴)
 
笊は米とぎ笊のように水をはたらかせる道具をいい、割竹の背――つるつるの竹皮の面を笊の内面にして編んでいる。籠は物を入れるのに使う道具をいい、見た目によいように竹皮を外面にして編んでいる。
 
<31-5>丹精で繁盛(瀬戸山玄)
 
スクリューというのは万が一、堅いものとぶつかっても、少しでも航行できるようにリスク管理されている。それでポッキリ折れない真鍮が選ばれているんです。しかもスクリューの交換は、接合部を熱してやれば、スポッとまた抜ける構造に昔からなっています。マグロ船で毎分40回転くらい、巨大タンカーなら毎分10回転というほど、スクリューというのはゆっくり回るものなのです。
 
<31-6>なぜ、日本人は横綱になれないのか(舞の海秀平)
 
中身の濃い稽古をすると、前の日につけた水と油がもうすでに飛んでいて、パサパサに乾いた、何もつけなていない髪になっているんです。だから、中身の濃い稽古をしているかどうかは頭の崩れ具合でわかる。その前髪を見るだけで、こいつは右四つか、左四つかもわかります。
 
<31-7>サンクコスト時間術(斎藤広達)
 
容姿端麗な親から生まれた子供と、そうでない子供では、一生のあいだに経験できることに差が生まれます。あるいは、芸術家の子供、スポーツ選手の子供など、最初から人生の特急券を持っていることは、誰も否定できない、この世界の摂理です。とにかく不公平な社会です。もっと恵まれた環境に生まれたかったと思ってしまいますし、自分が天職の才能に恵まれなかったことを嘆きたくもなります。最初からハンデ付きでレースを戦う。
 
<31-8>逃げない男の生き方(川北義則)
 
「自分の人生に仕事を入れてもいいが、仕事の中に人生を入れてはいけない」
 
<31-9>植物のあっぱれな生き方(田中修)
 
シソは長い夜を感じると、ツボミを作る植物です。夜の暗黒の長さが9時間45分あれば、ツボミをつくります。ところが、9時間30分ではツボミをつくりません。わずか15分間の違いを識別して、ツボミをつくるかつくらないかが決まるのです。葉っぱが夜の長さをはかる感覚は、想像以上に正確なのです。
 
<31-10>会社の品格(小笹芳央)
 
判断材料の数値を出させ、それを判断するだけなら、小学生でもできるわけです。数値化できない事柄を、自らの鋭い嗅覚でいかに判断するかということこそ、本当に部下が期待していることであり、上司に求められる「鼻」なのです。
 
<31-11>農民になりたい(川上康介)
 
農業ほど「割の悪い」仕事はそうそうないだろう。それでも彼らはなぜか「今が幸せ」と口をそろえるのだ。それは彼らが「高度経済成長期型」の価値観から完全に脱却しているからに他ならない。
 
<31-12>スーツの適齢期(片瀬平太)
 
営業マンが着るスーツはシングルの二つボタンか三つボタンが原則だ。ダブルスーツとスリーピースは、上司のスーツ、目上の人間のスーツだ。