その31

<31-1>キャベツにだって花が咲く(稲垣栄洋)
 
ネギの葉にも裏と表があります。じつは、筒の外側の見えている部分が葉の裏側で、筒の内側が表なのです。
 
<31-2>仕切りたがる人(佐藤眞一)
 
何のとりえもないと思っていた人が昇進して、驚いてしまうことがあります。このような人たちはいったいなぜ、能力がないのに出世するのでしょうか。1つ目は、日本が欧米と違って集団主義、減点主義の社会だということ。2つ目は、一定の評価基準がないことです。
 
<31-3>戦略人事のビジョン(八木洋介・金井壽宏)
 
かつてウエルチは、リーダーに求められるものを「E」から始まる4つの単語で表した。自らが活力に満ち溢れていること(Energy)、目標に向かう周りの人々を元気付けること(Energize)、タフな問題に対しても決断が出来ること(Edge)、言ったことをとことんまで実行していくこと(Execute)。この「4つのE」がウエルチのリーダーシップ持論であり、彼自身がその体現者だったと多くの人が証言している。
 
<31-4>水の道具誌(山口昌伴)
 
笊は米とぎ笊のように水をはたらかせる道具をいい、割竹の背――つるつるの竹皮の面を笊の内面にして編んでいる。籠は物を入れるのに使う道具をいい、見た目によいように竹皮を外面にして編んでいる。