その32

<32-1>口の中を見れば全身の病気がわかる(島本英治)
 
口腔内には、おびただしい数の常在菌が生息しています。種類では700種類、数にして数千億個の細菌がいると言われています。比較するのもなんですが、細菌の数だけでいえば、肛門よりも口の中の方が多いくらいです。
 
<32-2>ぼくらの脳の鍛え方(立花隆 佐藤優)
 
外務省専門職員の採用試験にかかわった上司から「点数だけで評価したら男女比は8割女性になる」という話を聞いたことがある。
 
<32-3>ダマされない金融商品の買い方(永野良佑)
 
どんなに努力して銘柄を選択しても、あるいは売買の頻度を増やして着実に利益を上げようとしても、結局のところ、株式市場全体がいいときには儲かるし、株式市場全体が悪いときには損をするとされているのです。また、市場全体が上がっているときに、「株価指数を上回って儲ける」能力、あるいは、市場全体が下がっているときに「株価指数よりも損失を抑える」能力を、長期的に発揮した人はほとんどいないといわれている。
 
<32-4>酒場歳時記(吉田類)
 
酎ハイの解釈が拡大し、炭酸を使うこともないのにウーロンハイなどと称しているが、これは矛盾した名称といえる。ハイは無論ハイボールの略称であるから、炭酸系の飲料で割るのが自然だ。
 
<32-5>短命の食事 長命の食事(丸元淑生)
 
世界中で使われている農薬などの環境汚染物質は、最終的には海に流れ込みますので、海は地球規模で汚染が進行しています。そして、汚染物質のほとんどは脂溶性のため、食物連鎖によって巨大な魚とトドなどの海獣の脂肪組織に濃縮されていっています。マグロの大トロの愛好家には悪いのですが、それを毎日食べるような人がいたとしたら、自分自身がこの汚染した地球の食物連鎖の頂点に立つことになるのです。
 
<32-6>変る世界、立ち遅れる日本(烏賀陽正弘)
 
今世紀、世界が実際に直面している人口統計上の問題は、人口過剰ではなく、高齢化である。