その34

<34-1>運動しても自己流が一番危ない(曽我武史)
 
レスリングはもともと狩猟で鹿などを追い詰め捕まえ、肩を地面につけて4本の足をひもでぐるぐる巻きにするという意味合いで、肩がマットにつくと負けとしています。一方柔道は、世界的に普及したことで特性が変わってきていますが、20世紀の初めまでは「柔よく剛を制す」、つまり、力でねじ伏せてポイントを稼ぐよりも、技を決めて1本とることが美徳とされていました。剛と柔の競技特性の違いは、民族の特性が表れたものなのです。
 
<34-2>日本人へリーダー編(塩野七生)
 
「いかなる分野でも共通して必要とされる重要な能力が、1つある。それは想像力だ」とは私の言ではなく、500年昔にマキャべりが残した言葉である。
 
<34-3>すごい和食(小泉武夫)
 
美しい水があったからこそ、美味しい米も酒も料理もでき、和食のすばらしさが味わえた。それゆえに、日本の食文化の崩壊の最初は、もしかしたら「水」から始まったのかもしれない。
 
<34-4>会社は毎日つぶれている(西村英俊)
 
会社が受けるダメージ、つまりつぶれる力の大きさは<事故の大きさ>×<解決までのスピード>の積算値で決まります。
 
<34-5>デッドライン仕事術(吉越浩一郎)
 
能力のない管理職ほど情報を隠そうとする。そうでもしないと部下が権威を認めてくれないわけだ。
 
<34-6>競馬一本で飯を食う技術(上野誠)
 
ケン(見るだけで馬券を買わないこと)をしている限りは、馬券で負けることはない。そして、たとえケンをしたレースの予想が当たっていても、損はしない。これを頭に叩き込んでおいてほしい。