その35

<35-1>Suicaが世界を制覇する(岩田昭男)
 
アップルはiPhoneでSuicaが使えるようにするために、それまでの方針を捨ててフェリカを採用した。それによって、日本という極東ローカルで独自の進化を遂げ、”ガラパゴス”と揶揄されてきたIC乗車券・電子マネー、Suicaが世界標準の電子マネーの仲間入りを果たし、世界ブランドに飛躍する可能性が生まれたのだ。
 
<35-2>数学が歩いてきた道(志賀浩二)
 
「もっとも強いものは必然である。万物を支配するがゆえに」「もっとも賢いのは時である。万物を見出すがゆえに」何が難しいかと問われて「自分自身を知ること」何が容易であるかと問われて「他人に忠告すること」どうすれば最も優れてもっとも正しい生き方ができるかと問われて「他人に向かって非難するものごとを、自分がしないようにするならば」どんな人が幸福かと問われて「体は健康、心は闊達、そして資質の素直な人だ」
 
<35-3>数学を使えるビジネスマンはみな幸福である(内山力)
 
政府は毎月「景気動向指数」(ディフージョン・インデックス)を発表しています。このDIは大きく次の3つに分けられます。①先行指数:景気の先行きを見るための指標。新規求人数、在庫指数、機械受注、新設住宅着工面積など。②一致指数:現在の景気と一致していると思われる指標。生産量、原材料消費量、稼働率など生産に関するもの、百貨店や卸売業の販売量、残業時間や有効求人倍率など労働に関するものなど。③遅行指数:景気に遅れて動く指標。法人税収入、失業率など。
 
<35-4>田舎力(金丸弘美)
 
開店に必要なものを書き込んでいく。飲食店なら、皿、箸、コップ、スプーン、テーブル、いすなど、店で使うものすべて書き出す。店を一度でももった経験がある人なら、400くらい出てくる。でも初めてという人は、200くらいしか出てこない。