その37

<37-1>キャッシュレス覇権戦争(岩田昭男)
 
キャッシュレス化には利便性だけではなく、さまざまなリスクが伴う。自分の資産や日々の経済行動を、国家や一企業にすべて把握されてしまうというデータ監視の問題。そしてそれらのデータに基づき、AIが人を格付けする「信用格差社会」が到来するかもしれないという危惧。
 
<37-2>脳には妙なクセがある(池谷裕二)
 
生後2日~5日という新生児の脳を調べたところ、すでに母国語と外国語を聞いたときで左脳の反応が違うのです。やはり、生まれる前にお母さんのおなかのなかでずっと母国語を聞いてきたと考えるのが自然な気がします。
 
<37-3>デジタル食品の恐怖(高橋五郎)
 
アメリカの大豆とトウモロコシは、市販が許可されている遺伝子組み換え作物である。小麦はまだ市販許可が下りていない。アメリカ農務省の遺伝子組み換え作物の作付面積データ(2015年)によると、大豆の94%、トウモロコシの92%が遺伝子組み換えによって生産されている。アメリカ以外の穀物の日本の輸入先であるカナダ、オーストラリア、ブラジルもアメリカ同様に遺伝子組み換え作物の作付面積が多い国である。2014年時点で、世界では2億ヘクタールの土地で遺伝子組み換え作物が栽培されている。耕作面積14億ヘクタールの14%にも達する。
 
<37-4>ひとりぼっちを笑うな(蛭子能収)
 
「好き」の反対は「嫌い」ではなく「無関心」だって言うじゃないですか。(マザーテレサの発言)