その15

<15-1>質問力(飯久保広嗣)
 
企業経営者(特に大企業)や政治家などは、各分野の専門家に対してうまく質問をする能力があれば、また訓練を受けていれば、その分野の知識に精通していなくても十分にコミットできるのです。ところが、日本は知識の量を重視する社会であったため、専門分野以外に口を出すことをためらいます。経営者であれば、各事業分野から育った部門長に、政治家であれば官僚に任せきりにしてしまうのです。
 
<15-2>ねぎを首に巻くと風邪が治るか?(森田豊)
 
人差し指に対する薬指の長さの比率は、母親の子宮内で、男性ホルモンの一種のテストステロンにどの程度さらされたかに関連するようです。テストステロンは脳の発達に作用します。子宮内で高いレベルのテストステロンにさらされると、男性的で、素早い反応、高い自信、リスクを好む行動、攻撃性といった特性を持つ傾向があるといいます。
 
<15-3>気象病(村山貢司)
 
汗には疲労を取り去る大事な働きもあるのです。汗の中には疲労物質である乳酸がかなり含まれており、汗をかくことで疲労物質を早めに体外に出すことができます。
 
<15-4>カビの常識人間の非常識(井上真由美)
 
マンションの一階は建物の上層部から壁を伝わって水分が集積し、アルミサッシと、壁と鉄の扉から結露で水の溜まり場になって、みそ倉と同じ環境になるので、カビの被害は避けられません。
 
<15-5>F1ビジネス(田中詔一)
 
F1マシンとは、スーパーライセンスを所有する世界で20~30人のドライバーの技量を前提として開発されている車である。一方市販車というのは「どんな下手な」ドライバーが乗っても、安全で性能が出ることが大前提になっている。開発思想が、根本的に違うのだ。
 
<15-6>スローライフ(筑紫哲也)
 
高温多湿のモンスーン地帯、しかも寒い冬と蒸し暑い夏をふくむ四季の変化がある風土の下で、私たちの先祖はどういう家を作り、住むか、選択を迫られた。どちらへの対応を優先するか、どちらを我慢するか。結局選んだのは、防寒を犠牲にして、開口部を思い切り広げ、外部と内部との境目をほとんど無きに等しいほどに開放できる、湿気と暑さ対応の作りであった。