その16

<16-1>上司は思いつきでものを言う(橋本治)
 
「愚かな上司と正しい部下」の組み合わせはあり、「愚かな上司と愚かな部下」の組み合わせもあって、「正しい上司と愚かな部下」というペアはないのです。
 
<16-2>クリティカル・シンキング(リチャード・ポール)
 
どんな知識も完璧なものはなく、日常生活に取り入れる場合、その知識が職業の中でどのように使われているのかということを考え、つねに過ちを犯しやすく、利害関係が絡んでくることを忘れないようにしなければなりません。
 
<16-3>もっとしっかり、日本人(永六輔)
 
昔大阪で掘割を頑張って作った人が道頓さんで、だから「道頓堀」って言うわけでしょう?一生懸命江戸に水を送る上水道を作った方たちは「玉川兄弟」。これはまあちょっと順序が逆で、上水道を作ったから玉川っていう名前を名字にしていいというので、その名前になるわけです。
 
<16-4>お客に言えない食べ物の裏話(マル秘情報取材班)
 
欧米でも日本でも、牛の糞便からO-157が検出されることが多い。牛は、内臓にこの菌を持っていても平気なのである。そのため、牛刺しやレバ刺しを食べたり、生焼けのハンバーグを食べたりすると、感染するケースが多数報告されている。
 
<16-5>組織デザイン(沼上幹)
 
軍事組織であろうと、企業組織であろうと、組織と呼ばれるものの特長は、基本的に分業と調整の二つである。
 
<16-6>ザ・プロフェッショナル(大前研一)
 
そもそも”discuss”という言葉は、否定を意味する”dis”と恨むという意味の”cuss”が合体した言葉です。要するに、反対したり反論したりしても「恨みっこなし」というのがディスカッションの本来の意味です。一方、”debate”という言葉は、”de”が下、そして、”bat”は打つという意味なので、原意は「打ち倒す」です。
 
<16-7>精子の話(毛利秀雄)
 
クロダイでは小型のものは雄で大型のものは雌、言い換えれば年齢によって性が変わります。またベラの仲間には1匹の雄が何匹かの雌とハーレムを作っているものがありますが、この雄がいなくなると、雌の中で一番大きい1匹が直ちに雄に性転換します。軟体動物のカキでは下のほうについている大型のものは雌、上のほうについている小型の物は雄というように、栄養状態で性が変わります。
 
<16-8>記憶力を強くする(池谷裕二)
 
聞いた音の音程(ドレミ)を正確に判断できる「絶対音感」という能力を持っている人がいます。じつは、この特殊な能力を体得できる臨界期は3~4歳です。大人になってから、音楽や楽器に興味を持ったとしても、もはや絶対音感が身につくことはありません。