その22

<22-1>トヨタ社員は机で仕事をしない(若松義人)
 
トヨタという自動車メーカーは、いいものからは何でも学ぶ姿勢が顕著だ。企業規模や業種はまるで関係ない。病院でも和食店でも、「いい」と聞けば現場に足を運び、話を聞いて、率直によさを認めて学ぶ。簡単なことのようだが、なかなかできることではない。
 
<22-2>仕切りたがる人(佐藤眞一)
 
ゴリラは、マウンテンゴリラなど一部を除いて、すべて血液型はB型です。
 
<22-3>あぁ、阪神タイガース(野村克也)
 
「人間は無視・賞賛・非難の段階で試される」という。これは一流の人間を育てる原理原則でもある。見込みがない時期は「無視」。可能性が見えてきたらとにかく「賞賛」する。そして、チームの中心、主力選手になった時点で「非難」するわけだ。
 
<22-4>すごい畑のすごい土(杉山修一)
 
これまでの計算では、日本の典型的な稲作で、コメの生産に使った化石エネルギーは収穫された米の持つエネルギーとほぼ等しくなっています。つまり、米を食べることは、石油を食べていることに等しい状態になっているのです。
 
<22-5>なぜ、あなたはいつもお金が足りないのか?(小堺桂悦郎)
 
商売をダメにするのは会計力のなさすぎからです。
 
<22-6>世界一愚かなお金持ち、日本人(マダム・ホー)
 
ユダヤの格言にあるように、「なぜ、耳が二つなのに、口が一つなのか? それは、自分のことを話すより、人の話を聞くほうがもっと大切だから」です。
 
<22-7>迷ったら二つとも買え!(島地勝彦)
 
センスは瞬時にお金で買えないものだが、お金を出し続けなければ、身につかない。浪費はセンスを磨くための粗砥であり、より良き人生を送るための寒肥でもあるのだ。
 
<22-8>リクルートのDNA(江副浩正)
 
最も時間をかけたのは、誰をどの仕事に配置するかだった。人には向き不向きがあり、人と人には相性がある。それらがうまく合えば、人は生き生きと働くことができ、大きな成果が上がる。
 
<22-9>高血圧の常識はウソばかり(桑島巌)
 
人間の血管にとってもっとも負担の少ない血圧レベルは上が120ミリ、下が80ミリ以下ということが明確になったのです。
 
<22-10>はまる人、はもる人、はめる人(キャメル・ヤマモト)
 
50歳になってから成長している人には共通点が2つあります。1つは、そういう人たちは、若いころから、それぞれの持ち場で、精一杯がんばってきたということです。もう1つは、50歳前後で、それまでに積んだ1つ1つの経験の多くが生きるような、あるテーマとめぐり合うという幸運です。
 
<22-11>CDを聞くだけで英語表現が覚えられる本(赤井田拓弥)
 
「リスニングの学習は現在の英語力より一段上のものを聞く」と聞いたことがありますか。これは、リスニング力を伸ばす秘訣としてよく言われる言葉です。一方スピーキングの場合は、「今の英語力よりも下のレベルの英語使って話す」ことがポイントです。これは大切なことです。自分が今もっているレベルでそのまま話すのは大変です。
 
<22-12>殿様の左遷・栄転物語(榎本秋)
 
共通していたのは、彼らはもちろんそれぞれに才覚はあったが、出世の決め手はなんといっても将軍による引き立てであった、ということ。どれだけの才があろうと、江戸時代の日本はそれだけで政治の中枢に乗り込めるような世界ではなかった。絶対的な権威である将軍が引きたててこそ、名門譜代大名たちが独占している幕政の要職に割り込み、思うように政治を動かすことが許されたのである。で、あるならば、後ろ盾の将軍がいなくなった後に彼らもまた幕政の中枢から追放されてしまったのは、まったく理の当然といえるだろう。