その23

<23-1>野菜畑のウラ側(松下一郎)
 
キュウリが曲がる理由はただひとつです。成育後半のキュウリの樹が疲れてきた場合の栄養不足か、栄養の偏りが原因だといえるのです。
 
<23-2>2011新聞・テレビ消滅(佐々木俊尚)
 
垂直統合がバラバラに分解して、新聞社やテレビ局は、単なるコンテンツ提供事業者でしかなくなった。パワーは、コンテナを握っている者の側に移りつつあるのだ。
 
<23-3>おしゃべり・雑談のおそるべき効果(川上善郎)
 
年齢と性別を超えて、人間関係の絆が大きい方が、一貫して死亡率が低い。
 
<23-4>里山ビジネス(玉村豊男)
 
飲食商売では、原材料費と人件費の合計は売り上げの55%以下に抑えなければならない、という鉄則があります。いくら多くても、60%がぎりぎり。この線を越えると経営が危なくなる。
 
<23-5>宝石の裏側(内藤幹弘)
 
市場に出回っている宝石のほとんどが色付け処理されています。ダイヤも真珠も例外ではありません。
 
<23-6>ウチのシステムはなぜ使えない(岡嶋裕史)
 
プログラマーはアーティストか大工さんかは、IT業界にとってかなり重要な命題である。本来であれば、組織において業務を行なう以上、プログラマは大工に徹することが望ましい。大工さんは、自己主張の強い「作品」をつくり始めて、家のバランスを崩してしまうようなことは決してしないのである。
 
<23-7>中華美味紀行(南條竹則)
 
昔、日本にやってきた中国の留学生たちは、弁当のおにぎりに面食らったという話を何かで読んだ。日本人はおにぎりのさめたものを平気で食べる。ところが、中国に冷えた飯の塊を食べる習慣がないので、いわれなき迫害を受けたような気がするのだとか。
 
<23-8>サンゴとサンゴ礁の話(本川達雄)
 
さんご礁の魚には縞模様を持つものがかなりいる。縞には頭から尾へと水平に走る縞と背から腹へと垂直に走る縞の2種類があり、縞の方向と魚の体型には決まった関係がある。体の細長い魚は水平の縞をもつ。一方体高の高い魚は垂直の縞模様を持つ。魚の輪郭に沿って縞模様を入れることで目立たなくしている。
 
<23-9>サブプライム後に何が起きているのか(春山昇華)
 
通貨価値の低下は、衰退する覇権の一つの現れである。ローマの通貨価値の低下、イギリスのポンド危機と同様に、アメリカドルも通貨の価値が下落している。発展途上国も含めた全世界の中でドルは相対的に衰えている。
 
<23-10>賭ける魂(植島啓司)
 
以前、谷岡一郎「ギャンブルフィーヴァー」を読んだときに、「潜在的にはまりやすい行為一覧表」というのが載っていたのを思い出した。これを見て感じるのは、ほとんどが薬物系であり、それを除いて考えてみると、トップは「ギャンブル」、2位は「盗み、万引き、小額の窃盗など」ということになり、なんとも情けない結果になっている。3位は砂糖入り食品、他人との性行為を求め、行なうことはさらにずっと後ろの方になる。テレビを見ることの1つ手前である。