その29

<29-1>部長、その恋愛はセクハラです(牟田和恵)
 
セクハラと受け取られることなくデートに誘う鉄則をご紹介しましょう。1つ目は、「仕事にかこつけて誘わない」。2つ目は、「しつこく誘わずスマートに」。3つ目は「腹いせに仕返しをしない」。つまり、これらのルールをしっかりと守るならば、職場恋愛もできないと心配する必要はありません。
 
<29-2>真・政治力(石破茂)
 
海外の原発は、その国の軍隊が警戒しています。アメリカだけではありません。韓国にせよ、フランスにせよ、イギリスにせよ、インドにせよ、警備は軍隊が担当しています。
 
<29-3>ツール・ド・フランス(山口和幸)
 
「ツール」とは「1周する」という意味のフランス語で、日本語に訳せば「フランス1周」となる。ジロ・デ・イタリア、ブエルタ・ア・エスパーニャの「ジロ」、「ブエルタ」はそれぞれイタリア語、スペイン語で1周を意味する単語である。
 
<29-4>50代から上手に生きる人ムダに生きる人(清水義範)
 
いい年になったら、品のいいスケベにならなきゃいけない。これはなかなか難しいことなのだが、50代になったころから心がけるべきである。色好みの気持ちが表面上は見えず、女性に対しても紳士的にふるまってけしからんところがないのだが、決して木石ではなくて、美人といると機嫌がよさそうなおじさん。そんなところが目指すところではないだろうか。
 
<29-5>阿呆の知恵(ひろさちや)
 
動物のメスは閉経を過ぎると、死んでしまうのです。閉経後、何年もメスが生き続ける動物は、ヒトとゴンドウクジラだけ。ゴンドウクジラは、血縁集団で暮らしています。娘と一緒に暮し、娘の育児を手伝っているのです。とすると、ヒトのおばあさんだけが、実の娘ではなしに、息子の嫁と一緒に暮らしているわけです。つまり、嫁と姑が同居するのは、哺乳類のうちで人間だけ。それじゃあ、嫁と姑がうまくいかないのは当然です。生物学的に無理があります。
 
<29-6>食の戦争(鈴木宣弘)
 
アメリカは徹底した食糧戦略によって食料輸出国になっているという事実に着目したい。アメリカにとって食料は武器、世界をコントロールするための一番安い武器だと認識されているのである。それによって現に我々は振り回されているし、これからも、もっともっと振り回されるであろう。
 
<29-7>「見る目」「見た目」の科学好き、嫌いの正体(林成之)
 
今流行のフリーデスク方式は、それまで頑張ってきた人ばかりの会社では採用すべきではありません。会社に行って、「今日はどのデスクで仕事をしようかな」と毎日コロコロデスクが変わるようでは、ゾーンの構築など不可能。それまでみんなが頑張っていなかった会社ならいいかもしれませんが、そういう会社はそもそも存続が危ぶまれます。
 
<29-8>森の力 食物生態学者の理論と実践(宮脇昭)
 
植物の根が3大要素である窒素・リン酸・カリウムをはじめとする養分を吸収するのは、地表から20~30センチ、深くても50センチなのです。もちろん木を支える主根は、通気性のよい土壌で呼吸さえできれば、3~6メートルくらいまで地中深く伸びています。
 
<29-9>今のピアノでショパンは弾けない(髙木裕)
 
近代ピアノはフレームが命であり、フレームが最も高価な部品であり、あとは木製品ですから、フレームさえあればピアノは再生できるとさえ言われるくらい重要な部品で、フレームでそのピアノの音色も性能も決まってしまいます。
 
<29-10>なぜベトナム人は痩せているのか(森由香子)
 
世界91か国の肥満比率を調べたところ、ベトナムの肥満比率がダントツで低かったのです。91か国中でトップでした。日本人や韓国人も低いと言われていますが、それよりもさらに低い。