その30

<30-1>その物言い、バカ丸出しです(梶原しげる)
 
結論を言えば、たったの2秒で受ける印象と、その何倍かの時間をかけたときの印象の違いは、2割もない。すなわち、人の印象はたったの2秒で決まる、というわけだ。
 
<30-2>口の中を見れば全身の病気がわかる(島本英治)
 
交感神経が優位な日中は、体の中でどんどんウイルスが増えてしまいます。一方、夕方から夜にかけては、体温や心拍数を下げ、休息やリラックスの状態をつくる副交感神経が優位になります。ここでようやくウイルスをたたく力を持つリンパ球が活動を始めるので、夜になってウイルス対リンパ球の戦いが激化し、痛みも強くなるわけです。
 
<30-3>じつは怖い外食(南清貴)
 
養豚業者が近所のコンビニから食品残渣をもらい受け、それを飼料にしていたそうである。すると数カ月後、豚の出産に異常が出始めた。まず死産が圧倒的に増え、生まれた子豚に奇形が目立つようになった。
 
<30-4>脳内麻薬(中野信子)
 
愛情があるからセックスしたくなるのか、セックスすると愛情が形成されるのかという問題は時々話題になります。実は動物の浮気の研究から、この答えの一部はおそらく後者、つまり「セックスによって愛情が深まる」ことがわかってきました。
 
<30-5>これでもがん治療を続けますか(近藤誠)
 
結局リンパ節は、臓器移転へ向けての中継基地ではなかったのです。臓器に転移する性質のがん細胞は、リンパ節にも移転していることが多い、というだけでした。
 
<30-6>日本に「宗教」は要らない(ネルケ無方)
 
「大心」とは、海のような深い心、山のような大きな心のこと。海が、「きれいな川だけ流れてきてほしい。汚い川は来ないで」と選り好みしたら、大きな海にはならない。海は、すべての川を自分の中に受け入れている。山が、「この土は汚いからいらない」などといっていたら山になれない。埃も土も石も自分の上に積んでいくから大きな山になる。そのような広い心を持ちなさいという教えである。
 
<30-7>ボケない「長寿脳」の作り方(伊藤準也)
 
65歳を過ぎると5歳年を取るごとに、認知症の発症率が”倍々ゲーム”になっていきます。60~65歳の認知症は1%ですが、85~90歳は42%になる。
 
<30-8>修羅場の極意(佐藤優)
 
言語のルールは常に母語を使える者に有利になっています。このルールの上の優劣が英語化への圧力をさらに強めています。
 
<30-9>薬剤師は薬を飲まない(宇多川久美子)
 
西洋医学の父、医聖と呼ばれているヒポクラテスは、「人間は自らの中に100人の名医を持っている」と言っています。100人の名医というのは、私たちが生まれながらに持っている治癒力のことです。「病気は、人間が自らの力を持って自然に治すものでり、医者はこれを手助けするものである」
 
<30-10>安岡正篤人生を拓く(神渡良平)
 
「孟子は『恥ずる心ほど人間にとって大切なものはない』というておる。それは恥ずる心を持っておると、自ら省みて精進するようになり、やがては聖賢の域にも達することができるが、これを失うと、自らを省みることがないから、精進もしない。そのために禽獣に陥ってしまうからである。したがって恥ずる心を起こすということは、過ちを改める上に最も大事なことである。
 
<30-11>なぜいくら腹筋をしても腹が凹まないのか(中野ジェームス修一)
 
マウスの実験で分かったことは、常に動き続けていれば内臓脂肪がつくことはないということです。そして皮下脂肪は運動とは無関係で過剰なエネルギーをゆっくりゆっくりとためていくということです。