20.富士山ヒルクライム(2019年)

 <その1>

 ビワイチが終わったと思ったら、休む間もなくまたも富士山ヒルクライムである。年々体力が落ちていくのを実感しながらのヒルクライムである。年中行事の一環として組み込んでいるが、いつ、どのような形で切り離そうかと日々考えるようになってきた。

 ヒルクライムを行うにあたり、毎年それなりの練習はしているつもりであるが、いかんせん、何よりも大事な体力が徐々に落ちているのである。もちろん維持向上を目指しているのであるが、なかなかそうはいかない。維持どころか低下が当たり前となってきた。毎年のことではあるが、この低下度を測定するために行っていることがある。それは2種類のヒルクライムである。1つは、すぐ裏山で行うミニヒルクライムである。距離3.4km、平均斜度5.2%を上るのである。数年前はここを13分30秒で上っていた。去年は14分かかった。今年は何と14分30秒である。この程度の距離と斜度でもはっきりとわかるのである。たまたまとか偶然というのではない。確実に遅くなっているのを数字で確認するというのはつらいものである。全身の筋力が徐々に衰えているのであろう。大会の開催1か月前にはこのヒルクライムを連続で5本やるのであるが、最後は16分30秒程度を要する。5本上る体力はどうにか維持しているが、速力という点ではかなり劣化してきていることを実感する。もう1つは、あの恐ろしい六甲山ヒルクライムである。最高タイムが64分である。去年は67分かかった。ミニヒルクライムからもその結果は予測できる。しかし、六甲山ではそれを追認したくない。何とか去年並みを維持したい。とは思いつつも、ひょっとして完走できないかもしれないという不安がよぎる。タイムよりも完走できるかどうかの方が心配である。何しろ勾配が半端ではないからである。最初に上った時のように、急坂部分での屈辱的な着地をするかもしれない。六甲山に関しては、ミニヒルクライム実施後、1週間程度後の天気のいい日に実施している。週間天気予報を確認しながら実施日を決める。

 

<その2>

 その恐ろしい六甲山ヒルクライムを実施する時が来た。これに臨むにあたり、中途半端な気持ちでは行えない。もちろん二日酔い状態で上るようなことはしない。前日は午前零時までに寝酒をやめ就寝である。なるべく早朝の涼しい時間帯に終えたい。阪急逆瀬川駅を9時30分にスタートする。何度も何度も走ったところである。あまりにも記憶が鮮明なため、次々と急勾配が浮かんできて余計に疲れる。恐ろしいほどの急勾配が数か所ある。そこへさしかかると、かつてその苦しみに耐えた時の思いが浮かんでくる。ここはかつても今も「根性」あるのみである。これしか乗り切る方法が見当たらない。やや気弱になりかけているメンタルに鞭を入れ続ける。体力は落ちたが要領は良くなっている。適度にダンシングを入れながらこぎ続ける。気温が低い割には大汗がでる。脚、腰、おしりと痛むところは多いが、まだ我慢の許容範囲内である。

 どうにか頂上の一軒茶屋に到着した。結果は68分である。去年より1分遅いタイムでの完走である。途中信号で2度止まったが、それがなければ67分は可能であっただろうと思われるが、意外にもっと時間がかかったかもしれない。理由として、信号で止まった後のこぎ出しが非常に軽やかだったからである。要するにいったん休憩しているのと同じ状態だからである。こんな些細なことにこだわっている場合ではない。完走できたことを喜ばなければならない。まだ、六甲山を上ることができる体力があるということを喜ばなければならない。富士山ヒルクライムを行う上で、十分に自信を持つことができる材料である。

 裏山のミニヒルクライム、六甲山ヒルクライムを考え合わせると、今年の富士山ヒルクライムがおおよそわかる。そのおおよそわかるタイムを少しでも上回るように、体調を万全にし、全力を出し切って、今年も無事に終えたいものである。今年で3度目となる富士山ヒルクライムである。準備や要領は十分に出来上がっている。あとは好天を祈るばかりである。去年のような雨はこりごりである。ぶるぶると震えながらの下山は勘弁してもらいたいものである。「吉田のうどん」程度では体の震えが止まらない。

 

<その3>

 今年で3度目となる富士山ヒルクライムである。河口湖もそろそろ見慣れた景色になりつつある。ここは7、8割が外国人である。欧米人も目立つが、アジア系の人が多い。日本人を見かけることの方が少ない。そのたまに見かける日本人が富士山ヒルクライムに来ている人たちである。そしてヒルクライムの行われる前日と当日は、車の7、8割が県外ナンバーになる。地元の富士山ナンバーはほんのわずかしか見かけない。人も車も地元の人にとっては肩身が狭そうである。

 毎年、エントリーするために前日の昼頃には到着している。ロードバイクを組み立てて会場まで行き、その帰りに夕食を食べ、寝酒とつまみ、翌日の朝食を購入してホテルへ帰るのである。しかし、いまだに夕食のいい店を見つけられないでいる。ちょっと遠出をしても、なんとか美味しい店を見つけたいという気持ちはあるのであるが、翌日のことを考えるとそんなに夕食に時間を費やすこともできない。ということで、今年は去年気になっていたほうとうを食べることにした。河口湖駅の前にある「ほうとう不動」へ入店。ほうとうは1種類のみで、それ以外には蕎麦がある。ここではもちろんほうとうを食べることにする。何しろこの地方の名物なのである。それは大きな鉄なべに、多くの野菜と太く歯ごたえのあるほうとうが入っている。味噌味で出汁がよく利いていて非常に旨い。ビールを飲みたかったが、寝酒のことを考えるとここはぐっと我慢をすることにした。

 毎回難しい選択を迫られるのが晩酌と寝酒である。かつて、1週間の禁酒をして臨んだこともあったが、結果はそれほど変わることがなかった。それ以上に寝つきの良さと熟睡度を考慮すると、適度な酒量がベストであるように思われる。酒以上に影響を及ぼすのが睡眠不足である。去年は夜中にいびきで目が覚めた。あまり造りのいいホテルではないため、上下両隣の音が聞こえるのである。一昨年の宿は最悪であった。廊下を歩く足音と軋み音が同時にして、深夜まで寝付けなかった。今年はこの轍を踏まないためにも耳栓はぜひものとして携帯することにした。適度な酒量に耳栓、これで完璧な睡眠を約束されたようなものである。

<お土産用のカップほうとう>

 

<その4>

 完ぺきな準備のおかげで十分な睡眠をとることができた。柔軟体操をして、頭と体を目覚めさせる。朝食は必要最小限で水分をやや多めにとる。あとは会場でエネルギーチャージ用のゼリーを飲めば十分である。減量がうまくいかなかったので、最後の手段として直前の食事を減らし、わずかでも軽くしたいというせこい手を使うことにした。要するに、ゴール(富士山の5合目)まで走り切るエネルギーがあればいいのである。その後はガス欠でも、事前に飲食物をゴールへ持ち込んであるので大丈夫である。

 富士山ヒルクライムの1回目は天気に恵まれ気分良く走ることができた。2回目は台風が近づいていることもあり、1日中どんよりとしてずっと霧のなかであった。下山時には雨に降られ、ぶるぶると震えながら降りてきた。そして3回目となる今回は最悪である。前日はどうにか晴れ間も見えたが、富士山はずっと雲の中で一度も顔を見せなかった。当日は朝から小雨が降っている。TVのお天気チャンネルはそれでも「くもりマーク」を出し続けている。これによると雨は午後3時から降ることになっている。実際には朝からずーと雨であった。全くいい加減である。朝の気温は14℃、ゴールの五合目では10度を下回っているかもしれない。十分な防寒対策が必要である。たっぷりと着込んだそれらが十分すぎるくらい雨を吸い込み、ずっしりとするくらい重たくなった。せこい減量対策をあざ笑うかのようである。

 スタート前にびしょ濡れになるのは嫌である。荷物にはなるが合羽の上下で出かける。会場で脱ぎ、サドルバッグに詰め込む。スタート地点まで準備運動を兼ねて1km程度の走行で体を温める。計測開始地点を過ぎたところからしばらくの間急勾配が続く。その後もゴールまでには10か所程度の急勾配がある。今年は特にこの急勾配に対応ができなかった。ここへさしかかると一気に多くの人に追い越されるのである。それを過ぎると人並みの速度で走ることができる。これの繰り返しである。したがって、どんどん後ろから来る人に追い越されるのである。減量の失敗に加えて雨による重量の増加が加わり、相当頑張って追い込んでいるにもかかわらずスピードが出ない。減量の必要性を十分すぎるくらい思い知らされた。

 こうして走り続けること124分、去年より11分遅れでようやくゴールである。体力の低下は実感していたが、これほどまで遅いタイムになるとは思わなかった。体力不足だけでなく、減量の失敗と雨による体重増加分もあると思いたい。理由はともかく、今年も去年同様にヨレヨレでのゴールである。倒れ込みたいくらいフラフラである。

<富士山は見えず>

 

<雨の中のスタート>