こぼれ種

<その1>

 毎年ミニトマトを7本前後栽培している。苗の購入時には、相当厳しくチェックをし、最良の苗を選んでいるが、1、2本は不良苗が混じる。これらは成長しても収量がほとんどないに等しい。この不良苗が混じることを前提に本数を決めている。また、年によっては害虫の影響を大きく受けることがある。これによる収量減も考慮に入れての本数決定である。収穫期には毎日ざる(直径23cm)に半分程度を食べることになる。これが1か月近く続くのである。年によっては苗のすべてが健全で、害虫による被害がほとんどないときがある。この時は大変である。毎日ざるに一杯は収穫できる。ジャムやホールトマトという選択肢はないので、ただひたすら食べることになる。それでも飽きることはない。なにせ、焼酎のつまみにしているので、あればあるだけ飲めばいいということになるからである。

 そんなミニトマトもほとんど収量がなく、色づきが悪くなると撤収となる。これらはすべて腐葉土にするために適度な長さに切断し、残渣置き場へ移動させる。そのとき完熟したものが数個落ちて踏みつぶされる。その場所は次の栽培植物のためにきれいに耕され整地される(今年は9月11日)。そこに新たな植物の種を蒔いてしばらくすると、見慣れた苗が発芽(9月29日)していることがよくある。毎年のことで、季節が合わずこのままでは枯れてしまうのですべて引き抜いている。今年は異常に多くの発芽があったので、ちょっと例年にない心の動揺があった。成長のいいものを数本掘り出し温室に入れた(10月23日)。ただし、ミニトマトは9種類(害虫発生を懸念し、今年は多めに栽培)植えてあったので、どの品種の苗かは不明である。

<温室内はぽかぽか>

 

<スイートミニイエロ―のネームプレートを紛失>

 

<その2>

 10月から11月ごろは、晴れた日であれば温室内は真夏並みに高温になる。夜は相当冷え込むことになるが、一向に成長が衰える気配はない。どんどんと背丈を伸ばし、脇芽をいたるところから伸ばすくらい元気がいい。トマトの原産地を考慮すると、この程度の寒暖差は大丈夫であると思われる。

 順調に育ち、花を咲かせるまでになった。季節は10月下旬である。温室内ということもあるが、季節的に授粉を媒介する虫が見当たらない。そこで、人工授粉(11月10日)をすることにした。方法は綿棒で花の先端に突き出ためしべに周りのおしべの花粉をこすりつけるのである。綿棒があまりにも大きく見えるくらい花が小さい。これで無事に授粉ができているのか心配であるが、花に聞くこともできない。それ以上に心配なのが、この時期に果たして無事に育つのかどうかということである。品種が違うものを1本の綿棒で授粉させているのも問題かもしれない。品種が違うと授粉しないかもしれないからである。雑種ができる分には一向にかまわない。むしろ新しい品種ができて歓迎である。いろいろと心配事はあるが、無事にトマトが成長してくれることを期待したい。

<品種は不明>

 

<綿棒で授粉>

 

<その3>

 数日間様子を見なかったのでワクワクしながら温室を開けてみた。一瞬にしてあのトマト独特の匂いが顔全体を覆った。これだけでものすごい感動を与えてくれる。それ以上の驚きと感動がすぐに目に入ってきた。見事に実を付けていたのである。後はこの実を無事に大きくし色付かせることである。そして最終目標は味を確認することである。

 11月26日、実は直径12mmになっていた。小さい方は8mmである。もう1本の木にも実が1個付いている。こちらはさらに小さな実である。わが菜園の実績によると、5月の連休頃に植えた苗であれば、花が咲いてから1ヵ月から1か月半で収穫している。この時期であれば、順調に育ってもさらに期間を要するものと思われる。おそらく年が変ってからの収穫になるだろう。それまでは大事に育てていこう。

 12月7日 この日もせっせと人工授粉である。あちこちで黄色い可憐な花が咲いている。同じ綿棒で授粉をさせているのでひょっとすると雑種ができているかもしれない。とは思いながらも、種を採取して来年蒔くわけではないので、一向にお構いなしである。とにかく授粉してくれればいい。大きな実は3個だけであるが、それらに続く小さな実は十数個ある。これらがすべて無事に完熟してくれることを期待しながら、脇芽の剪定を行う。最初にできた実は大きくなり、直径が20mmになっている。わずかではあるがじっくりと見るとやや赤みを帯びているように見える。それにしても20mmで赤みを帯びるとはやや早いようにも思えるが、おそらくかなり小さめのミニトマトであろう。今回ここで育成している苗の可能性は、スイートミニイエロー、純アマオレンジ、純あま、ルビーノ、ガンバ、プラムスイートレッド、アイコ、シュガーミニ、トウインクルの9種類である。この大きさと形からすると可能性のあるのはガンバ、シュガーミニ、トウインクル、スイートミニイエローということになる。やや赤みを帯びているのでスイートミニイエローが脱落である。さらに実の付き方から種類を限定すると、ガンバとシュガーミニということになる。ガンバとシュガーミニは実の付き方や大きさはほとんど同じである。違いを探そうとするが、ほとんど同等で決め手が見つからない。ここは見た目ではなく、ミニトマトが醸し出す雰囲気を大事にして種を判別するのが正しいように思う。こぼれ種から芽を出し、この寒い時期に実を付けたというこの力強さからすると「ガンバ」しか考えられない。そう、これは紛れもなく「ガンバ」である。そう思うとそう見えてくるから不思議である。大事に育てて、真っ赤に熟れた実を食べてみたい。そして「ガンバ!」と元気をもらいたいものである。

<11月26日>

 

<12月7日>