イチゴの種

(その1)

 イチゴの表面には小さな黒い種がびっしりと並んでいる。つるりとした真っ赤な実ではなく、表面にある粒々がイチゴをより一層おいしそうに見せている。ラズベリーやブラックベリーのように種が味を左右することはほとんどない。軽く歯に当たる程度でそれほど気にはならない。ブルーベリーなどと同様にギリギリ許せる存在の種である。とはいえ、ないに越したことはないのであるが・・・。

 イチゴは実がつく頃から、株の中心部よりランナーといわれるツルのようなものを延ばし始める。イチゴの種類にもよるが、数十センチになり、そこに小さなイチゴの苗を適当な間隔をあけて数株つける。その株元を土に固定しておくと、根が出てきて親株のクローンとして成長する。その子苗が十分に独立して、自力で成長できるようになると、親株から切り離して独立させる。元気な親株であれば、ランナーを7、8本伸ばしそれぞれに4、5株の子苗をつける。カルガモ以上に子だくさんなのである。とはいえ、他の植物のように種で繁殖させれば、もっと多くの苗をとることができるだろう。何よりも手っ取り早いのがいい。もし菜園内に自生させれば、菜園内がイチゴで埋まってしまうかもしれない。ひょっとすると雑草以上に繁殖力があるように思われる。ここまではランナーによる繁殖である。

<無数の種>

 

<ランナー>

 

(その2)

 意外と忘れられがちなのがその表面にびっしりと存在する種である。イチゴはランナーによる育苗だと、数か月で多くの子苗ができ、しかも親のクローンということで全く同じ品質のものが得られる。量と品質を保証されているのでこれに勝るものはない。この方法の欠点は品質の改良ができないということである。品質を改良しようと思えばいろいろな種類の苗と交配させた種を育てるしかない。ということは、この種を蒔けばイチゴの苗が発芽するのである。果たしてそのように旨く発芽するのだろうか? 「イチゴの種を蒔いた」という話は聞いたことがない。あんなにも多くの種があるにもかかわらず、なぜ種を蒔かないのだろうか。これには何か理由があるのだろう。理由があればそれを確認し納得しないと気が済まない、ということで種を蒔いてみた。完熟して実が黒くなりしなびてきたものから種を取り出した。植物にはすべてタネを蒔く時期というものがあるのだが、それはこの際無視してポットに蒔いてみた。

 ポットに雑草が生えだしたので、あきらめムードで棚の片隅に放置していた。5月になると、徐々に雑草らしきものが大きくなってきた。よく見ると、葉の形がイチゴに似ている。ひょっとするとこれらはすべてイチゴの苗かもしれないと思えるようになってきた。これらを小分けしてそれぞれポットに植えなおした。ここからじっくりと観察してみることにする。

<大小あるがまぎれもなくイチゴの苗>