ハタケニラ撲滅作戦

◆「ハタケニラの恐怖」をホームページにアップしてから1年以上たって、爆発的な展開を見せている。厄介者のハタケニラとの格闘を軽い気持ちで掲載したが、ここまで興味を持たれるとこのままでは終われなくなってしまった。対策としては、黒マルチで光合成をさせないという方法を採用したが、ここではこれ以外の方法を模索してみたい。ということで、無い知恵を絞り出しながら、何とか対策を見つけ出していこうと思う。

 

(1)第一作戦:毒を以て毒を制す

 アトリエの物置の隅にプラスチック容器に入ったはちみつがあるのを見つけた。賞味期限が半年以上過ぎている。色はやや黒ずんでいるがはちみつの匂いはしっかりとしている。味もはちみつである。少し食べてみたが、健康状態に影響を及ぼすような出来事はおきなかった。唯一問題があるのは、気持ちよくあるいは楽しく食べることができないということである。仕方なく処分することにした。処分といっても捨てるわけではない。有効利用するのである。はちみつには十分すぎるくらい糖分が含まれている。これを利用するのである。そう、発酵させてアルコールを発生させるのである。飲料用のアルコールを作ろうというのではない。ハタケニラをすりつぶし、それにはちみつと水を混ぜてハタケニラ酒を造るのである。これをハタケニラにかけることで、「毒を以て毒を制す」というわけである。発酵させること数日。わずかに発酵したようなにおいを放ち始めた。ものがものだけに味見をすることができない。さらに放置すること10日。かなり醗酵が進んでいるようである。ニオイにはっきりとアルコールが含まれていることがわかる。早速これをハタケニラにかけることにした。このままかけてもほとんどが流れ出してしまうので、根元近くに穴を掘りそこへ流し込んだ。翌日、結果を楽しみにいそいそと菜園へ出かけた。そして目にした光景にびっくりである。と、まあこう書けばハタケニラが全滅していると思われがちであるが、結果はそうではない。ハタケニラは元気にぴんぴんしている。びっくりしたのは魔法の液体をかけた穴の部分とその周りである。ぴかぴかに光っている。ナメクジが歩き回ったようである。しかも、長時間の訪問であったことを想像させてくれるに十分なテカリ方である。ナメクジトラップにビールを使う方法がある。おそらくこれと同じ効果があるのだろう。なんだか急に親近感が出てきた。ナメクジが菜園主同様にアルコール好きとわかれば、対応も少しは違ったものにならざるをえない。しかし、ここは心を鬼にしてナメクジ退治をすることにした。トラップは簡単である。中央部から切り取ったペットボトルにハタケニラ酒を注ぎ、地中に埋めるだけである。これで間違いなく溺死するはずである。結果は思ったほど多くはないが4匹が溺死していた。

 ハタケニラ撲滅の第一作戦は「毒を以て毒を制す」であったが、「酒を以てナメクジを制す」になってしまった。完敗である。

 

<魔法の液体を注ぐ>

 

<ナメクジが歩き回りテカテカ>

 

 

<ナメクジトラップ>